住み慣れた地域でともに楽しく生きる。感謝の心を持ち、正直に職務を遂行する。

地域のぬくもりに包まれた新しいわが家がお迎えします。

これまでの暮らしのリズムを大切にしながら、
これからの暮らしを守っていきたい。
だれもが、住み慣れたところでいつまでも変わることなく
楽しく過ごしたいものです。
高齢化社会の進展によって、
地域の果たす役割はますます大きなものになってきました。
こうした時代の要請から、平成20年に
『社会福祉法人 栄宏福祉会 ぬく森・こもれび』を開設させていただきました。
地域の自然なぬくもり、地域とのふれあいを何よりも大切に、
どこよりもくつろげる“新しいわが家”です。
明るい笑顔いっぱいのスタッフと楽しい日々をお過ごしください。

ぬく森・こもれび施設長 廣田美智子